1.まぼろしの軍需都市

江戸から明治になったとき、新明治政府軍と旧幕府軍による戊辰戦争で、天皇を園部にかくまうことになったのと同じように(参照:園部城と城下町)、第二次世界大戦においても園部は本土決戦体制の軍需都市として守りを固めることになり、その準備は密かにかつ着々と進んでたといいます。これまた、実際に本土決戦になることなく終戦を迎えたため、人々の記憶からは忘れさられてしまいましたが、遺構は確認できました。今回はその不思議に迫ります!

まぼろしの軍需都市

2.府立淇陽学校の裏山の白い塔

府立淇陽学校の裏山に園部町内どこからでも見えるような白い塔が!?昔からあります。一体なんなんでしょうね?さっそく裏山の振天山へ行ってみました!

府立淇陽学校の裏山の白い塔

3.JR嵯峨野線の歴史と不思議

園部駅って、あまりにも園部の町から離れてません?普通駅前=町の中心なはずなのに、園部にその公式は通用しないのか?なぜ町外れに駅があるのだろうか?嵯峨野線の前身「京都鉄道」による線路施設の際に起こった事件とは?その不思議に迫ります!

JR嵯峨野線の歴史と不思議

4.小向山山頂の石碑群

園部公園内の小向山の散策道をずいずいっと上がっていくと、頂上には巨大な石碑がずらりとならんでいます。一体、どういう石碑があって、なぜここに集中しているのだろうか?さっそく、小向山山頂に行ってみました!<只今準備中>

小向山山頂の石碑群

5.「一休さん」に出てきた新衛門が治めた地、園部

新右衛門は実在の人物で、正式には「蜷川新右衛門親当」と言います。足利将軍(足利義教:第6代)の側近であり、伊勢氏に属し、丹波園部の地を治めた城主でもありました。彼の居城であった蟠根寺城(蜷川城)は、戦国時代の大規模な山城で、標高320mの最高所を本丸として、出城も数箇所あったようです。さっそく調査してみました!<只今準備中>

「一休さん」に出てきた新衛門が治めた地

About me | Contact me | Sight Map |
Copyright(c) 2000-2006 morimoch. ALL Right Reseved.