園部に行こう!〜電車編〜

園部への道のりは、京都駅から「嵯峨野(山陰)線」に乗り換えるところから始まります。嵯峨野線は京都発-園部着なので、どの路線で京都まで来ても、ここで乗り換えることになります。嵯峨野線のホームは、関西空港行き特急「はるか」の隣の30番〜32番のりば。
京都駅の中央改札を入って右へ伸びる広い通路(上の写真中央右)をひたすら進むと(30mほど)「荻野家」と「キオスク」があり、その突き当たりが30番〜32番のりばになっています。嵯峨野線ホームは天井が高く吹き抜けで、空港のようなモダンなデザインです。
なぜ、嵯峨野線のホームはこんな場所にあるのか!?それは、嵯峨野線がもともと「私鉄京都鉄道」だったことに由来します。ちょうど現在の近鉄電車のような形で、かつて京都駅に発着していました。今も昔もホームの場所は変わっていないそうです。嵯峨野線の歴史については、「園部の鉄道物語」をご覧ください。
2006年秋、嵯峨野線ホーム上には、ビッグカメラをはじめとする7階建てで店舗面積8000平方メートルの商業施設がオープン、改札口も新設される予定です。
 

こののりばから、普通または快速電車の「園部行き」もしくは「福知山行き」に乗車してください。普通電車は約50分、快速電車は約40分で京都-園部間を結びます。また、特急「たんば」「まいづる」「きのさき」「タンゴ・ディスカバリー」いずれも園部に停車します。所要時間は約30分です。
 
園部駅は橋上駅です。ホームの階段を上ったところが改札口です。もちろん完全バリアフリー対応の駅なので、ホームから改札口まで、改札階から駅前まではそれぞれエレベーターが設置されており、車椅子用トイレもあります。上の写真中央右が正面(東口)、右が西口です。正面・西口ともタクシーはいます。詳しくは「園部の玄関 JR園部駅」のページにて。
 
西口にはバスターミナルがあり、園部町内どこまで乗っても150円のコミュニティバス「ぐるりんバス」と、京都交通の路線バスが発着しています。園部町内へ行かれるのならこの2種類のバスをご利用ください。詳しくは「園部の交通機関」のページにて。
About me | Contact me | Sight Map |
Copyright(c) 2000-2006 morimoch. ALL Right Reseved.