うどんと信楽焼の店 たわらや(北野)

 北野天満宮さんの3代名物は、「長五郎餅」に「粟餅」、そして「名物たわらやうどん」と昔から言います。
  歴史を感じさせる古い建物のうどん屋。「うどんと信楽焼の店」と謳っているように店内左手には信楽焼の器が並びます。店は築400年の町家吹き抜けになっていて、とても落ち着いた雰囲気です。

メニューはうどん、そば、丼物、ミニうどんセットなどで、いずれも手打ちうどんに化学調味料を使わない本物のだしが自慢です。そして名物は「たわらやうどん」(670円)。通常のうどんの2倍以上はある太さのうどんなのです。1cm角の極太うどんは、湯がくのに小さい火でコトコト1時間、ゆで上がってから2時間ともたないデリケートなもの。利尻昆布と削り節でダシをとり、たっぷりのおろしショウガがのって体の芯から暖めてくれます。お茶碗くらいのお椀に入って出てくるので、「たったこれっだけ?」と思ってしまいますが、モッチリモチモチしていて、見た目より結構食べ応えはあります。(売り切れることもあるそうなので、あらかじめご予約を)

 このうどん、昔から天神さんのシーズンは入学祈願や梅の寒い時なもんで、お参りした人に温まってもらうために売り出したそうです。現在は、1cmほどのうどんが2本入っているのですが、当時は今よりももっと太いうどんが1本だけ入っていたそうで、昔からのおばあちゃんファンは「細なったな〜」と言うそうです。この極太うどんは、裏で16代目のご主人が自ら手打ちしています。ちなみに、細いというか、普通のうどんもあって、丼物やセットものもあります。「梅の香うどん」(760円)もオススメです。

 

 

 

 


【たわらやDATA】
住所:今出川御前下ル西側
電話:075-463-4974
営業時間:午前11時〜午後8時
定休日:火曜日

京都ぱくぱくもっちへ戻る

About me | Contact me |
Copyright(c) 2000-2006 morimoch. ALL Right Reseved.