るり渓温泉〜心と身体の癒しの森〜

やっと行ってきました「るり渓温泉」
 以前から良いという評判を聞いていましたが、ほんとに良い施設でした(笑)タオルやバスタオル、水着、プールのキャップなども全て無料で貸してくれますし、手ぶらで行っても大丈夫です。そして、ご飯もとてもおいしかったです。
 かつては「奥るり渓温泉」として、るり渓温泉向かいの「こぶし荘」だけにあった「るり渓温泉」ですが、平成14年(2002年)に「心と身体の癒し」をテーマとする大型施設としてオープンしました。建物内はとても広く、ラドン含有量全国7位をほこる高濃度ラドン温泉や温泉プール(温水プールではありません!)をはじめ、ジャグジーや弱放射線温泉、露天風呂、4種類のサウナなどの温泉施設と、各種寝転びルーム(ねはんの館)、マッサージルーム、卓球や各種エクササイズで汗を流せる「健康づくりホール」、そして宿泊施設とレストラン、甘味処、物産販売コーナーとホントに盛りだくさんの施設です。(写真は深山ハイキングコースから見下ろした「るり渓温泉」と「るり渓第一駐車場」)

 景勝「るり渓」を横目に、るり渓高原へ登ってくると、さっそく「ようこそ るり渓温泉へ」と書かれた歩道橋(下の写真左)が目に入ります。その歩道橋をくぐった左手が「るり渓第一駐車場」と「こぶし荘 花あかり」、右手が「るり渓温泉」です。車を駐車場に止め、いざ「るり渓温泉」へ!!正面玄関入ると右と左に分かれています。左手に行くとトイレ、物産販売コーナー、レストラン、宿泊施設で、右手に行くと温泉施設、ねはんの館です(下の写真中央)。

 

 

 

 

 まず左手に行くと、物産販売コーナー「スーベニア」(下の写真左)があります。ここでは園部や丹波の各種特産がたくさん販売されていて見てて飽きません。また、るり渓高原の「みどりと憩いの公園」内の工房「ベーカリー・カフェ・ガーデンズ」で天然酵母を使って焼かれた手作りパンも販売されています。よもぎパンや高原チーズケーキが大人気の逸品です。地元の農家で取れた野菜も販売しています。
 スーベニアの奥の吹き抜けのところには、創作和風料理レストラン「山桜桃 ゆすら庵」(下の写真中央)と甘味処「 みのり」があります。どちらもとても美味しくリーズナブルなので、お立ち寄りの際にはオススメです!そして「ゆすら庵」のうどん(きつねうどん、カレーうどんなど…)の鉢にはビックリします。下の写真では分かりづらいですが、直径がなんと30cm、深さが18cmほどあります!こんな巨大な鉢で歯ごたえのある本格手打ちうどんが味わえます。(食べ終わった後、鉢を持ってみましたが、かなり重たかったです…片手じゃ無理!?)

 

 

 

 

 さてさて、本題の温泉へまいりましょう。正面玄関入って右へ行きます。するとまず靴を脱ぐようになっていて(下の写真左)、下駄箱がズラリとならんでいます。ここに靴を入れて鍵を閉めて、カウンター横の券売機でチケットを買い、鍵と一緒にカウンターへ出すと、更衣室のロッカーの鍵とタオル、バスタオルがもらえます(下の写真中央)。また、バーデゾーン(水着着用ゾーン)や温泉プールに入るための水着も無料で借りられます。(もちろん持参もOKです)
 ゴーグルのレンタルも200円でしています。カウンターから施設内に入ると、まず「木の回廊」という廊下があります。床の石のデコボコがなんともやみつきになりそうです。ジュースやビール、アイスの自販機やマッサージ器、ソファー、喫煙ゾーンがあり、この回廊の右手に行くと癒しの空間「ねはんの館」、左手に行くと「温泉施設」となっています。

 

 

 

 

温泉の料金コースは2つあります。どちらもタオル、バスタオル、水着は無料で借りられます。ねはんの館を利用する場合はリラックスウェアも付きます。ドライヤーも常設してあり、ブラシも無料でもらえます。髭剃りその他の販売もしています。
1)温泉+プール+バーデゾーンを利用・・・700円
2)温泉+プール+バーデゾーン+ねはんの館を利用・・・1000円(値下げされました)
※3歳未満は無料、ねはんの館のみの利用はできません。これらの施設は自由に行き来することができます。

☆温泉関連施設レポ

(1)温泉(裸ゾーン、男女別、シャンプー、リンス、ボディシャンプーが完備された洗い場もかなりあります) 
 ・水風呂:水温16度に設定されていました。
 ・弱放射線温泉:水温40度の弱放射線温泉です。※左写真
 ・ラドン温泉:水温41.5度で、じっくり身を浸せば身体の心から暖まります。※左写真
 ・ドライサウナ:高温の乾燥した熱気によって発汗を促し、汗が気化する時の爽快感を楽しめるサウナです。
 ・空気浴:ガラス張りの癒し空間です。板張りの床からマイナスイオンが出ているそうです。

(2)バーデゾーン(水着着用ゾーン、男女一緒に入れます)
 ・弱放射線温泉:一番大きな浴槽です。※下の写真左
 ・季節の湯:季節によっていろいろな湯が楽しめます。私が行ったとき(秋)は「漢方の湯」で薬草が入っていました。
 ・ラドン温泉(ジャグジー):浴槽内の噴出口から気泡を含んだ噴流が出る浴槽のこと。マッサージが効きます。※下の写真中央
 ・打たせ湯:高さ4mくらいのところから落ちてくる湯に打たれることで、筋肉がやわらげます。肩こり、腰痛などに効果あり。
 ・遠赤外線サウナ:遠赤外線が体の芯から温めて発汗を促します。結構強烈なサウナです。
 ・アロマスチームサウナ:心地よい香りで、しかもドライサウナに比べてそれほど熱くなく入りやすいサウナです。
 ・ハーブスチームサウナ:こちらも上に同じです。
 ・高温ドライサウナ:110度あります。入った瞬間、暑っ!って感じです。
 ・露天風呂:小さめの浴槽が4つくらいあります。3,4人入ると少し窮屈かもしれません…※下の写真右

(3)温泉プール:温泉の湯を使った25mプール(5コース)です。プールに入る手前においてあるキャップを着用してから入ってください。

泉質:弱放射線温泉、ラドン温泉
温泉の効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、慢性消化器病疾患、冷え性、痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病 その他

 男女別の更衣室に入る入り口があるところの階段を登った2階は、「みんなの健康づくりホール」という空間があり、ウォーキングマシーンやサイクリングマシーン、卓球台などなどがあり、一汗流せる場所になっており、不思議なリラクゼーション・カプセルというものまであります。それぞれ有料で、だいたい400円〜800円くらいです。シューズレンタル(有料)もあります。

 温泉施設の入り口入ったところにあった「中国式足裏マッサージ」。5分間で100円だったので、「中国式」はいかなるものか気になり試してみました(笑)いろいろ部位を選ぶことができるのですが、足の甲をぐぐっと押さえられて、下から突起が出てきて足の裏をマッサージ。なんかくすぐったかった…けど、揉まれてる感じはしましたよ。

これ以外にも、各種マッサージ器が置いてあります。

 

 

☆涅槃(ねはん)の館レポ

 「木の回廊」を右手に行くと涅槃の館の入り口があります。入り口を入ると、そこはもう癒しの空間。薄暗い温かみのある廊下が続きます。地面には小石が埋め込まれていて、いろいろな模様をしてます(左の写真中央)が、踏むと結構痛い!足ツボに効きます(笑)
 この廊下の両脇にいろいろな部屋が配置されており、一番奥にはトイレがあります。


 涅槃の館入ってすぐの右手にある明るい部屋は「インフォメーション」。るり渓の歴史や写真、模型などが展示されている博物館です。

 

 

 

 これは「ねころびの部屋」です。「この施設は、日本でここだけしかない不思議な施設」との説明書きがありました。天然石が発する波動エネルギーで、身体の血流を良くし、細胞を活性化させるそうです。室温は常に60度に保たれていて、熱い炉とベットから出るマイナスイオンと弱放射線が、疲れた身体に溜まった毒素と汗を一緒に流し出してくれます。(ベットにはそれぞれ枕元に調節機が付いていて、温度はカーペットのように調節できます)「寝るサウナ」のような感じです。
最低30分は寝ないと効果はないそうです。汗が出たら「足癒しの部屋」で足ふみをして、温泉につかって、「摩訶不思議の部屋」か「癒しの部屋」でゆっくり休むというのが、基本順路だそうです。

 下の写真左が「足癒しの部屋」です。砂風呂に足の裏を浸けながら、くつろぐ部屋です……効果はよく分からなかったですが、砂が気持ちよかったです(^ー^;) 
 真ん中の写真は「摩訶不思議の部屋」室内は暗く、天井いっぱいに散りばめられた星の光だけです。ケータイで撮影しているので、暗すぎてよく分からない写真になってしまいましたが、満点の星空のようなロマンチックな部屋。床はカーペットフロアで、好きなところでゴロンとなってたら良いのです。クラシック音楽が密かに流れていて、寝てしまいそう。この部屋もマイナスイオンが出ており、肩こり、高血圧、動脈硬化の予防に良いそうです。
 右の写真が「癒しの部屋」です。常に映画が上映されており、座椅子のようなものに座ったり、寝転んだりして映画を楽しむことができます。映画といっても、「癒し」がメインなので、小さな音量で放映されており、映画館のような雰囲気とはまた違った感じなので悪しからず。。

 

 

 

 

 この他にも、涅槃の館には「身繕いの部屋」というマッサージルームがあり、専門の方が、身体の各種部位や全身をマッサージしてくれます(別料金)。合わせてご利用ください。

 

 るり渓温泉には、他にも、宿泊施設や宴会場などもあり、会席料理やバーベキューも楽しめるそうです。詳しくは、るり渓温泉の公式Webサイトおよびパンフレットをご覧ください。

 


【るり渓温泉DATA】
住所:園部町大河内広谷1-14
電話:0771-65-5001、FAX:0771-65-5003、URL:http://www.rurikei.jp/

☆「るり渓温泉」宿泊(チェックイン午後2時〜、チェックアウト午前11時まで)
宿泊料理をレストランで食べる場合・・・9000円(平日・日・祝)、11500円(金・土・祝前日)※和室・洋室共通
宿泊料理を部屋で食べる場合・・・10500円(平日・日・祝)、13000円(金・土・祝前日)※和室のみ
※チェックインからチェックアウトまで全館施設を何回でも利用できます。GW・7/20〜8/30・12/29〜1/5は祝前日料金、宿泊は2名様から

☆宴会温泉パック(昼食開始時間:午前11時〜午後1時、夕食開始時間:午後5時〜午後7時、6名以下はレストランにて)
3500円〜8000円までの各種コース ※ドリンクなし
フリードリンク:一人1750円

☆バーベキュー(午前11時〜午後9時まで、4月〜11月ごろまで)
お肉orシーフードコース:大人2200円、子ども1100円
お肉食べ放題コース(90分):大人3500円、子ども180円

るり渓温泉営業時間:<一般客>午前7時〜午後10時、<宿泊客>午後6時〜午前0時まで
レストランゆすら庵営業時間:午前7時〜午前10時(朝食のみ)
               午前11時〜午後10時(ラストオーダー午後9時半) 
スーベニア営業時間:午前7時〜午後10時
駐車場:無料

【こぶし荘 花あかりDATA】
住所:園部町大河内広谷1-8
電話:0771-65-0800、FAX:0771-65-0805、URL:http://www.rurikei.jp/

☆「こぶし荘 花あかり」宿泊(チェックイン午後2時〜、チェックアウト午前11時まで
和室・・・10000円(平日・日・祝)、12500円(金・土・祝前日)
※GW・7/20〜8/30・12/29〜1/5は祝前日料金、宿泊は2名様から、チェックインからチェックアウトまでるり渓温泉全館施設を何回でも利用できます。午後5時〜深夜12時までは予約制で家族風呂貸し(2室)、午後6時〜チェックアウトまでは男女別風呂
駐車場:無料

るり渓高原のページへもどる

About me | Contact me | Sight Map |
Copyright(c) 2000-2006 morimoch. ALL Right Reseved.