国内有数のやぎ牧場 るり渓やぎ農園

 るり渓ふもとの大河内小田仮で、大勢のヤギをはじめブタやニワトリたちが元気に暮らしています。るり渓口からるり渓の方に行かずに、田んぼの方へ府道54号線を直進してください。しばらくすると、そこは、まさしく園部の動物王国!!特に夏は、道の両脇にある緑の草原の上に真っ白なヤギ、ヤギ、ヤギ…「アルプスの少女ハイジ」のような世界です。 今回は「るり渓やぎ農園」にお邪魔しました。(ロバや奈良公園の鹿なら実際に見たり触ったりしたことはありましたが、実は、ヤギは初めてで少しドキドキでした)


 園部市街地から車を走らせること約30分、府道54号線沿いに「るり渓やぎ農園」はあります。さっそくヤギのいる小屋(といっても大きいのですが…)に案内してもらいました(下の写真左・中央)。
  いますいます!白いヤギたちが小屋を出たり入ったり。現在70頭ほどのヤギがいるそうです。小屋に近づくと好奇心旺盛なヤギたちは寄ってたかって・・・あっという間に“人だかり”ならぬ“ヤギだかり”ができてしまいました。深緑色のズボンをはいていたせいか、やたらとズボンをひっぱられます。そのくせ、ここぞとばかりにカメラを向けると、プイッと向こう向いてしまいます(汗)カメラ嫌いなのか!?と思いきや、カメラに興味を示すヤギも。レンズにやたらと顔を近づけてくるので、やたらドアップな写真ばかり(下の写真右みたいな感じ)になりました(^_^;;)



 

 

 

 3歳ヤギたちです(下の写真左・中央)。白く長いアゴヒゲが紳士っぽくて、てっきり“紳士”なのかと思ってたんですけど、かなりヤンチャでした。こうやって見ていると、ヤギもやっぱり一頭一頭個性が違って、好奇心旺盛で近づいてくるのや、遠巻きに顔だけ覗かせているのやらいきなりケンカをし出すのやらイロイロ。中央の写真は、園部のムツゴロウさんです(^ー^)
 一方こちらは今年の6月に生まれたヤギさんたち(下の写真右)。まだ4ヶ月ほどで、とってもカワイイです。みんなでお尻を向けて何をしているのかって?そうなんです、バケツをかぶって遊んでいるんです(^ー^;;)この写真はバケツを脱ごうとしてるとこなんですが、2頭がバケツかぶって歩いていたりもしました(撮ろうと思ったんですが逃しました…)。なかなかイタズラ好きのようで、笑わせてくれます(笑)

 


 

 

 

 好奇心も旺盛、食欲も旺盛。ご飯の時間はご飯しか見えていないようです。ひたすらムシャムシャ、カメラを向けても気がつきません(^ー^;)  ヤギのミルクは、るり渓口にある乳処理工場で処理・加工され、チーズやヨーグルトになって、ホテルやレストラン等へ卸されているそうです。
 小屋の中にはネコも数匹いました。ヤギと仲良しなのだそうです。写真を撮ろうとカメラを向けると、なんと、今まで寝むっていた白いネコちゃんも起き上がって2匹が身を寄せて・・・(笑)ばっちりカメラ目線でツーショットが撮れました。カメラ好きなんでしょうか・・・?


 

 

 

 

 こちらはブタ小屋と鳥小屋です。実は、ブタを実際に見るのも初めてだったんですが、あんなに大きいとは思いませんでした(^_^;) 人よりも大きいのですよ。そのくせ動きはとても俊敏で軽やかで驚きました。 綺麗好きでお風呂が好きなようです。たまに水のみ場(下の写真左)で水浴びをしているときもあるそうです。
 一方、鳥小屋にはニワトリたちがいます。高さ1mほどのフェンスで囲ってあるのですが、いとも簡単に飛び越えていました(^ー^;) なので、近々、屋根を作らはるそうです。白い羽毛で、トサカと顔が黒いニワトリ(下の写真右)は「烏骨鶏」という観賞用のニワトリです。オールバックの髪型(?)は、なかなかイケてます。卵は普通、一個¥500ほどするそうです。

 

 

 

 

 こちらは畑です。大根、人参、リーフレタス、ブロッコリー、ネギ・・・と、いろいろな種類の野菜が無農薬・無科学肥料で栽培されています。田んぼの畦草を刈り、それをヤギたちが食べ、その糞を堆肥として田んぼや畑に返し、野菜やお米を育てる。昔ながらの循環型の農業を営んでおられます。ここで育てられた野菜は、ホテルやレストラン等へ卸したり、個人向け産直宅配もされています。また、田植えや稲刈りなどの体験イベント等も行っておられます。詳しくは、るり渓やぎ農園公式Webサイトをご覧ください。

 

 

 

(右の写真は代表の川辺さん)

 

 

 

 

 

【るり渓やぎ農園DATA】
住所:京都府船井郡園部町大河内小田仮4
電話:0771-65-9010
URL:http://www.ruri-yagi.com/

るり渓高原のページへもどる

About me | Contact me | Sight Map |
Copyright(c) 2000-2006 morimoch. ALL Right Reseved.